Uber Eatsの登録方法を詳しく解説!配達パートナーになるのはとても簡単!

Uber Eatsの配達員に登録する Uber Eats配達パートナー

Uber Eatsの配達パートナーになる

Uber Eatsの配達パートナーには、登録要件(※)を満たせば誰でも簡単に登録することができます

しかもコロナウイルスの影響から登録会が中止されているため、アカウント開設から実際に働き始めるまですべてオンラインで完結してしまうんです。

このチャンスにUber Eatsの配達パートナーとしての仕事を始めてみませんか?

(※)18歳以上であること、日本で法的に働けること

Uber Eatsパートナー登録方法

Uber Eatsの配達パートナー登録は至って簡単

先に手順だけ書いておくと

  1. アカウント作成
  2. 必要書類、銀行口座の登録
  3. バッグの購入

たったこれだけで仕事が始められちゃいます。

では、登録方法を詳しくご紹介していきます。

①まずはアカウント作成

まずはWEB上でアカウントを作成します。

登録する情報はこちら。

  • メールアドレス
  • 氏名(ローマ字)
  • 電話番号
  • 登録したいパスワード
  • 登録する都市
  • 招待コード(任意)

1つずつ解説していきます。

メールアドレス

報酬情報などが送られてくるので、なるべく普段使っているアドレスの登録をおすすめします。

Uber配車やUber Eatsで注文をしたことがある方は、同じアドレスで配達パートナー登録をすることができません。

その場合Uber Driverという配達パートナー用のアプリがあるので、そちらから登録を行ってください。

WEB登録する場合も、以下アプリは今後使うことになるのでダウンロードしておくと便利です。

iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら

氏名

ローマ字で登録します。

後ほど登録する身分証明書と確認するので、間違いないよう入力しましょう。

電話番号

SMS認証が必要となる場合があるので、携帯電話の番号を登録するのがおすすめです。

また、何かあった場合センターから連絡が来る番号になりますので、普段使っているものを登録してください。

都市

自分が稼働する予定のエリアを登録します。

ここで登録したエリア以外でも配達をすることができますし、あとで変更も可能なので一旦メインで配達しそうなエリアを登録しておきましょう。

招待コード

紹介者がいる場合はこちらにコードを入力します。

特にいないのであれば空欄で大丈夫です。

②必要書類をアップロード

アカウントが登録できたら、次は必要書類をアップロードします。

必要書類は配達する際の車両によって違うので、自分の当てはまるものをチェックしてください。

いずれもスマホで撮影し、登録するだけ。

コピーや郵送といった手間はありませんのでご安心ください。

 

ちなみに車両については、持っていない場合Uber特別価格でレンタルサイクル等を契約することができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

自転車の場合

  • 身分証明書
  • プロフィール写真

身分証明書はパスポート、運転免許証、個人番号カード、小型船舶操縦免許証など。

公的機関が発行したものに限ります。

外国籍の方は在留カードを提出してください。

大学生の方は学生証と健康保険証でも登録ができます。

原動機付自転車

  • 運転免許証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書 (自賠責保険証)
  • ナンバープレート
  • プロフィール写真

原動機付自転車で配達 を行う場合、原動機付自転車の保険に加入していなければなりません。

契約者名、住所、有効期間、車両情報を記載したものを、全頁はっきり写るように撮影してください。

軽自動車/バイク(125cc以上)

  • 運転免許証
  • 車検証または軽自動車届出済証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書 (自賠責保険証)
  • 任意保険または自動車共済証書
  • ナンバープレート
  • プロフィール写真

他の方法よりも提出資料が多いので気をつけましょう。

自賠責保険証にはナンバープレートの記載が必要です。

されていない場合は保険会社に追加の依頼が必要なのでご注意ください。

③銀行口座の登録

次は銀行口座の登録です。

Uberからの報酬が振り込まれる口座を登録します。

必要事項をすべて記入して次へ進みましょう。

金融機関コードがわからない方はこちらで検索してみてください。

④バッグの購入

本来であればパートナーセンターでの本登録に進むのですが、現在コロナウイルスの影響で営業一時中止になっています。

そのため、現在配達パートナー登録はオンラインですべて完結。

このまま次のステップへ進むことができます。

 

登録が終わったら、さっそく配達の準備に入ります。

Uberの配達には専用のリュックが必要。

パートナーセンターでの受取が不可能なため、現在はAmazonでの購入となっております。

もちろんバッグ代はUberに返す際に返金されますのでご安心ください!

詳しい案内はUberへの仮登録が終わった際にメールで届くので、そちらをよく読んで進めるようにしましょう。

⑤さっそくお仕事開始!

さて、Amazonからバッグが届いたら登録はすべて完了!

Uber配達パートナーとして働くことができます。

配達エリアで待機し、仕事を請けてみましょう。

簡単かつ迅速に働ける

Uber配達パートナーとしての登録はとても簡単。

特に今はオンラインですべて完結できるので、配達パートナーとして働くならかなりおすすめの時期です。

自分の好きな時間に好きなだけ働き、報酬を得られるという新しい働き方。

Uberで新しい形の仕事を始めてみませんか?

 

Uber Eats配達パートナーに登録する

コメント

タイトルとURLをコピーしました