Uber Eatsでバイト生活!始め方から稼ぎ方まで徹底解明!

Uber Eatsのバイトについて Uber Eats配達パートナー

Uber Eatsとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは、料理の宅配サービスのこと。

Uberに登録されている様々な店舗の料理を宅配で楽しむことができると、人気を集めているサービスです。

マクドナルドなどの有名店をはじめ、地域ならではの飲食店まで数多くの登録があり、その配達エリアもどんどん増大しています。

Uber Eatsでバイトしたい!

そんなUber Eatsは、宅配を担う人がいるからこそ成り立っているサービス。

その配達パートナーのバイトがかなり熱いので、今回は詳しくご紹介。

バイトの登録から実際に仕事を終えるまで、順を追って説明します。

Uber Eatsでバイトするまでの流れ

Uber Eatsでバイトしている人のことを「配達パートナー」と呼びます。

実際にバイトをする際にはオンラインによるパートナー登録が必要です。

まずはそこから実際に働けるようになるまでを解説していきます。

準備しておくもの

Uber Eatsでバイトを始める前に準備しておくものはほとんどありません。

しいて言うなら以下2つは確保しておきましょう。

スマホ

Uber Eatsの配達にはUber Driverというアプリを使います。

また、配達時には地図を見ることがほとんどなので、地図アプリの入ったスマホを用意しましょう。

長時間配達する場合はバッテリーも持っておくと安心です。

自転車/バイク

配達には自転車、もしくはバイクを使います。

自分で持っている場合はもちろんその車両を登録してOK。

持っていない場合はUber Eatsの特別価格で車両をレンタルすることができます

自転車の方が小回りがきき、ガソリン代もかからずリーズナブル。

しかしがっつり稼ぎたいならスピード重視でバイクもおすすめです。

自分の配達環境に合った車両を選びましょう。

オンライン登録

さて、ここから実際に登録を始めていきます。

まず必要なのがオンライン登録

こちらのページから公式サイトに行き、サイト内で登録を完結します。

登録方法はとても簡単。

  1. 基本情報の入力
  2. 書類のアップロード
  3. 銀行口座の登録

このたった3STEPでオンライン登録が完了します。

基本情報を入力する際に配達エリアを登録しますが、登録エリア以外でも配達は可能です。

また、本人確認書類のアップロードはスマホで撮影して送るだけでOK。

配達に使う乗り物によって登録する書類が変わるので、こちらのページで確認しておきましょう。

バッグの受取

オンライン登録が終わるとバッグの受取です。

以前まではパートナーセンターでの受取でしたが、コロナウイルスの影響で業務停止中なので、Amazonで購入する流れとなっています。

バッグ代はバッグの返却時に返ってくるので、実質Uber Eats持ちです。

Amazonからバッグを受け取れば、もうあなたは立派な配達パートナー!

その瞬間から配達を始めることができます。

アプリをとって仕事開始

最初に少しご説明しましたが、配達にはUber Driverというアプリを使います。

仕事の受注からお客さんの評価までこのアプリで完結するので、バイトをする際には必ずダウンロードしておきましょう。

Uber Eatsの仕事の流れ

登録が済んだら、早速バイト開始です!

Uber Eatsでバイトをする際の、仕事の流れについて詳しくご紹介していきます。

依頼が来るまで待機

まずはUber Driverのアプリを起動。

出発」というボタンを押すとアプリ上の表記が「オンラインモード」に変わります。

このオンラインモードになれば、仕事を受注できる状態。

この状態で依頼が入るまで待機します。

混んでいる時間であればすぐに通知が来るので、見逃さないようにしておきましょう!

仕事を受注する

仕事の依頼が入ると、現在地から飲食店までの到着時間などが表示されます。

(車での移動時間が表示されるようなので、自転車配達の人は多めに見積もって考えましょう)

その時点で依頼を受けるか、拒否するかを選択することができます。

一定時間何もしないと勝手に拒否されてしまうので、受けたい仕事はどんどん受けるのがおすすめです!

飲食店に商品を取りに行く

仕事を受注したら、早速飲食店に配達する商品を取りに行きます。

この時点で注文者は配達パートナーがどこにいるかアプリ上で確認することができるので、なるべく速やかに飲食店へと向かいましょう!

お店の場所は地図上に表示されますが、わからない場合Google Mapなどを使っても大丈夫です。

お店についたらUber Eatsの配達パートナーであることと、配達コード(アプリ上に表示)を伝えて、商品を受け取ります。

注文者へ料理を届ける

アプリ上で料理の受取、配達開始のチェックをすると、配達先の情報が表示されます。

その情報を頼りに注文者の指定先まで商品を運びましょう。

もし住所が不十分であったり、場所がわかりづらかったりした場合は直接注文者とのやり取りも可能です。

評価してバイト完了

注文者に商品を届け、アプリ上で注文者の評価をつければそこでバイト完了!

あとは好きな時間に好きな分だけこの流れを繰り返します。

空き時間に1件だけでも構いませんし、1日中配達してもOKです。

超画期的なバイト生活

バイトを始めるとなると、面接をして合格したら制服を受け取って説明を受けてシフトを組んで…と実際に働けるまでかなりの時間を要してしまいます。

また、時間が拘束されてしまうため、なかなか思うように働けない職場がほとんどです。

それを思うとUber Eatsはかなり自由

登録だけしておけば空き時間に好きなだけ働くことができます。

しかも慣れてくるとかなりの高時給で働けるので、時間を有効活用できてすごくおすすめです。

ぜひバイトの選択肢を広げてみてください。

 

Uber Eatsに登録する

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました