Uber Eatsの報酬って?実際いくら稼げるの?

UberEatsの報酬について Uber Eats配達パートナー

Uber Eatsはやればやるほど稼げる!

Uber Eatsは完全歩合制。働けば働くほど収入を得ることができます。

なので、”給料”というよりも”報酬“という言い方をとっているんです。

働き方によっては効率的に報酬を稼ぐことができるので、その方法についてもご紹介していきます。

時給の目安

詳しい計算方法は後述しますが、結論から言うとだいたい平均で時給1,500円くらいになることが多いようです。

1回の配達が500円程度。15分~20分程度で配達が終わると考えると、この値段が妥当です。

しかし、Uber Eatsは時給制ではないので、やり方次第ではさらに稼ぐことが可能

ではまず報酬がどう計算されているのかを見てみましょう。

報酬の仕組み

基本料金-手数料+インセンティブ=報酬

Uber Eatsの報酬はこのような計算で決まります。

少しわかりにくいので、1つずつ説明していきます。

基本料金

基本料金は受取料金受渡料金距離料金をすべて足した金額となります。

受取料金:レストランで商品を受け取る際にもらえる料金

受渡料金:注文者に商品を渡すことでもらえる料金

距離料金:レストランから配達先の距離で計算される料金

これらはエリアによって変わるので、一律ではありません。

手数料

現在は一律10%となっています。

インセンティブ

インセンティブにはブーストクエストピーク料金といった3つの種類があります。

■ブースト

ブーストとは、注文が多い時間帯に報酬が上がるというシステム。

曜日や時間、地域など、条件によって倍率は異なります。

ランチやディナーの時間帯、休日などは多くつく傾向があるようです。

こちらはアプリに表示されるので、配達する際にチェックすることができます。

■クエスト

ブーストのほかに、クエストというインセンティブの形式があります。

こちらはUberからの特別ボーナスのようなもので、発生する際はメールなどで連絡が来ます。

例えば「〇回配達をすると〇円の追加収入」などといったクエストが届くので、指定された期間内に完了すれば報酬がもらえる仕組みです。

■ピーク料金

ピーク料金は新しく始まったインセンティブ制度。

注文が多く配達パートナーが欠員している際に多く発生します。

ピーク料金はアプリの地図内に色と金額が表示されるので、配達前に確認しておきましょう。

報酬の支払いについて

以上がUber Eats配達パートナーの報酬の仕組みです。

報酬の支払いは週ごと月曜~日曜に稼いだ分が次の週に振り込まれます

働いた分を比較的すぐに受け取ることができるので、モチベーションにも繋がります。

効率よく稼ぐには

では、効率よく稼ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

おすすめの方法をご紹介します。

配達回数をこなす

配達回数をこなすことによって、配達に慣れることが第一です。

配達エリアの道やお店の場所が把握できれば、かなり効率的に数をこなすことができます。

道に迷っているとそれだけ時間がかかってしまうので、まずは道を覚えながら数をこなしてみましょう。

ピーク時を狙う

配達の報酬には、ブーストやピーク料金といったインセンティブが追加されます。

これらが多い日や時間帯を狙うことで、かなり効率よく稼ぐことができるんです。

平日よりも休日、ランチタイムやディナータイムに的を絞って稼働してみましょう

また、雨の日もかなり狙い目。

注文がグッと増え、配達パートナーが不足することが多いので、雨でも大丈夫という方にはかなりおすすめです!

クエストをこなす

クエストをこなすことで、通常の報酬にボーナスが加算されます。

事前に通知されるので、こまめにチェックしておきましょう。

配達回数でインセンティブが発生するものがほとんどなので、短距離配達を狙うのもおすすめです。

原付バイクを使う

Uber Eatsの配達はスピードが命

自転車でも十分配達は可能ですが、やはり原付バイクを使った方が早く配達を終えることができます。

原付バイクを持っている方は、ぜひそちらでの配達に挑戦してみてください。

Uber Eatsで自由に効率よく稼ぐ

Uber Eatsでの配達は難しそうに見えてかなり簡単です。

登録もオンラインですべて完結しており、すぐに働き始めることができます。

そして何より自由で働きやすいのが魅力的。

好きなときに好きな場所で、好きな時間だけ働くことができるんです。

コツを掴めばかなりの高収入が見込めるので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

Uber Eats配達パートナーに登録する

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました